乾燥肌さよなら!カサカサ肌から潤いを取り戻す方法

乾燥肌は、自分で対策を行うことにより、改善することが可能です。乾燥肌が進行してしまうと、肌が荒れてしまったり、痛みが出てきたりしてしまいますので、対策をしっかりと行い、改善していくことが大切となっています。

この記事では、乾燥肌に悩んでいる方が、改善する方法を掲載していますので、乾燥肌に悩んでいる方は、是非参考にしてみて下さい。

乾燥肌は食べ物で改善しましょう

乾燥肌は、食べ物で改善することが出来ます。バランスの良い食事を前提において、肌に良い物を摂取すれば、乾燥肌は改善していきます。

乾燥肌対策としてお勧めなのは、一つはタンパク質です。

タンパク質

タンパク質は、肌を作る上でとても大切な栄養素なので、肉や魚、納豆や豆腐などを毎日摂取するこることを心掛けましょう。

日本人は、おにぎりやラーメン、うどん、そばという文化もあり、昼食などは、炭水化物だけで過ごしてしまいがちです。

その点に注意して、朝昼晩毎日三食タンパク質の摂取を心掛けましょう。

野菜と果物などのビタミン

二つ目は、野菜と果物などのビタミンをたくさん摂取することです。

肌にビタミンが良い話はよく聞くと思いますが、ビタミンも種類がたくさんあるので、なるべく多くの種類の野菜と果物を摂取して、たくさんの種類のビタミンを摂ることにより、乾燥肌ぎ改善していきます。

肌のケア、洗顔と保湿が大切です

乾燥肌には、肌のケアがとても大切なことです。洗顔は行い過ぎても、肌に必要な脂分まで落としてしまう可能性があるので、朝と夜の二回程度にしておきましょう。

夜は一日の汚れを落とすので、石鹸や洗顔フォームなどで、しっかりと汚れを落とし、朝はぬるま湯だけで洗顔しましょう。

洗顔が終わったら、なるべく早く、化粧水や乳液をつけて、乾燥肌対策を行いましょう。

すぐに化粧水や乳液をつけるのは、洗顔した後の水分は、想像より早く抜けてしまいますので、洗顔が終わったら、なるべく早く保湿することが必要となります。

化粧水や乳液は、ドラッグストアなどで売られていますので、自分の肌に合った物を利用しましょう。

どれを使ったら良いか分からない場合は、お試し用を頂いたりして、使用してみましょう。

まとめ!身体の内側からの食べ物と、外側からの洗顔、保湿で改善

乾燥肌は身体の内側からと外側から改善

この方法は、継続は力なりという言葉があるように、毎日行わなければ、効果はありませんので、毎日行い続けましょう。

乾燥肌は自分の努力で改善することが出来ますので、しっかりと毎日継続して対策を続けてみましょう。

乾燥肌の化粧下地の塗り方

『メイク下地』と『コントロールカラー』が、同じ効果になっている種類を使う場合では、常識ですが顔全域へと使います。

下記の順序を明確に捉えておいて下さい。

化粧下地を塗る順番

  1. メイク下地を額・頬・鼻筋・顎へと乗せる
  2. 外部の方向に合わせて行き、薄めに伸ばして行く

化粧下地とは、『ファンデーション』が美しく完成するかどうかが、最大のポイントになって来ます。出来るだけ優しい力で、薄く均等に伸ばして行きましょう。

メイク下地の過程で斑が残っていると、同じくファンデーションめ斑が残りやすくなります。

この影響から化粧が崩れたり、乾燥肌が発生しまう要因にも繋がってしまいます。

化粧下地で保湿する力に幾ら優れていても、ただ『乾きにくい』と言うだけですので、保湿作用を持っている訳ではないです。

メイク下地を塗り過ぎてしまう事で、角質層が本来備えている機能を、完全に失ってしまうリスクが大きくなります。

化粧下地をベタベタと塗り付ける行為は、極めて危ないので絶対に禁物です。乾燥肌を改善したいからと言って、メイク下地を沢山塗り込めば解決する訳ではありません。

化粧下地の中に、保湿成分がぎっしりと含まれていても、いっぱい塗る事を勧めている訳ではないです。

利用する分量へと細心の注意を払いながら、メイク下地を上手に使い熟して行きましょう。

『たったこれだけで良いの?』と感じる位の量で結構です。皮膚に乗せて塗り広げて行く最中へと、指先で簡単に滑って行くようだと多過ぎます。

化粧下地を塗り伸ばす際へと、お顔の肌表面が僅かに引っ張られるのを感じるレベルにより、、少しの分量を薄く塗り広げて行きましょう。

その時には、お肌を強い力により擦ってしまわないように、充分気を付けておいて下さい。

メイク下地をもし塗り過ぎてしまったケースでは、決して慌てる事なく、皮膚へと少し浸透して、落ち着くまで待っておきましょう。

まとめ

化粧下地を付け過ぎてしまった際には、ティッシュを用いて拭き取っても大丈夫です。

ティッシュでメイク下地を取り除く事により、潤い成分も同時に除外されてしまいます。こうなると、肌のお手入れから念入りにやって来た作業が、無意味になり兼ねません。

化粧下地をティッシュでどうしても取り払いたのなら、なるべく優しく拭き取って行って下さい。

乾燥肌を改善させたい女性逹は、上記の点を特に意識した上で、メイク下地を使って行くようにして下さい。

おすすめのファンデーション

乾燥肌を改善させるのに最適であるのが、『エマルジョン』と呼ばれるファンデーションです。

普通の『クリームファンデーション』や、『リキッドファンデーション』を利用した以降だと、必ずベタ付いてしまうものです。この現象を解決する為に、『フェイスパウダー』を活用します。

エマルジョンファンデーションですと、フェイスパウダーを不要にする商品が大半です。

フェイスパウダーか必要ないので、上手く保湿して行き、潤いをキープする事が可能です。

エマルジョンファンデーションとは、肌を乾燥から防ぐのに有効的な製品です。乾燥肌を改善したい人へとまさしく相応しい、優れたファンデシーョンである為、1度試して見てはいかがでしょうか?

ファンデーションに配合されている保湿成分にも注目する

最近ですとファンデーションの中へと、保湿成分が入れられている商品が殆どを占めます。

乾燥肌を治す為にも、製品のラベルなどに記載されている、成分表示へと着目して行きましょう。

『レシチン』、『スクワラン』、『セラミド』、『コラーゲン』などが含まれている事で、乾燥肌の女性でも、お肌がスベスベとした綺麗な状態に生まれ変わります。

皮膚自体が乾き切ってしまう事で、皺がくっきりと浮き出てしまいます。そうなる事で、老け顔のイメージがどうしても強くなってしまいます。

素肌が美しい方が、若い印象を直ぐに与える事が出来ます。なので基礎的なメイクにも、力を注いで行く必要があります。

ファンデーションの正しい使用方法

ファンデーションは、塗ったり伸ばすのではなく、叩き込むの要領で使うの1番適しています。

ファンデーションとは、初めに『額』、『頬』、『鼻筋』、『顎』などに乗せ、真ん中から外側に向かって塗り広げて行きます。

但し乾燥肌の方が塗り伸ばすのはタブーです。叩き込む感じで、肌に塗って行くのが最も効果的です。

ファンデーションを指先へと乗せた後、スポンジを巧み利用して叩き込んで行きます。中心エリアから外部に移動して、スポンジを動かして行きます。

この作業の際に、皮膚とスポンジを摩擦しては絶対に行けません。

軽くパッティングして行き、摩擦を上手く避けながら、ファンデーションを塗布して行きます。スポンジを使用する手法には、ストロークと言われる方式があります。

パッティングが叩き込む方法であるのに対し、ストロークはスポンジを滑らせて行き、塗り伸ばす方法となります。