1. ホーム
  2. 乾燥肌
  3. ≫乾燥肌でも化粧を美しく仕上げる方法

乾燥肌でも化粧を美しく仕上げる方法

化粧を完璧に施して美しく仕上げる事で、乾燥肌対策へと必ず繋がって行きます。

手間が多少掛かっても、メイクを毎日きちんとやって行く事で、美肌作りにも上手く繋がって行きます。化粧を常日頃から正確に実施して行く、習慣を身に付けましょう。

メイクを行う前での洗顔

『乾燥肌には、化粧を行う以前へと、水やぬるま湯のみで顔を洗うのが1番効果的』と言われています。

メイクを綺麗に完成させ、乾燥肌も同時に払拭するには、石鹸や洗顔料を取り入れて、汚れを優しく洗い落とすのがお勧めです。

酸化した状態の皮脂などは、肌にダメージを与えるだけでなく、化粧がおかしくなる要因にもなります。

皮脂の分泌が活発化しているエリアを中心として、大量の泡で軽めに素早く洗顔すれば、皮膚を傷める事なく、美肌へと確実に生まれ変わります。

熱いお湯で顔を洗って行くと、乾燥にどうしても繋がってしまいます。乾燥肌のトラブルを避ける為にも、なるべく低い湯温で洗顔するようにして下さい。

顔を洗い終わった後は、水分をタオルで丁寧に拭き取って行きます。

この際へと、お肌を強い力で擦る行為は、乾燥の原因に陥ってしまうので、絶対に止めておいて下さい。

洗顔を正しく出来てない女性が結構多い

顔を洗う作業は、メイクを施す前での基本となります。しかし洗顔を正確に行えていない人が驚くほど多いです。

化粧する前へと、皮膚をちゃんと整えるスキンケアを、一から見直し実践して行きましょう。

保湿

乳液や化粧水を利用して、肌をばっちり調整して行きます。メイクをやる以前でのお手入れの順序は、下記がベースになります。

  • 化粧水
  • 美容液
  • 乳液
  • 美容クリーム

但しそれぞれのメーカーで、化粧水よりも前に、美容液を塗り付ける種類が存在しています。

メーカー側が勧めている順番を守って、施して行くようにして下さい。

まとめ

化粧水はコットンのみでなく、自分の手に塗って、顔全域を掌で覆う要領で、体温により皮膚へと染み込ませて行きます。これ以後の乳液も同じ手順になります。

乾燥が重い場合では、化粧水や乳液を再度塗り込んで行きます。

乾燥肌がそれでも改善ケースだと、クリームを塗布する以前へと、化粧水と乳液を一緒のやり方で、もう1回付けて行きましょう。

これ以降へと、美容液クリームを必ず使って行って下さい。最近ですと、目元専用のアイクリームを作っているメーカーが多いです。

目の周囲の乾燥に困っているのなら、試しに是非使って見て下さい。

シェアをお願いします。