1. ホーム
  2. 乾燥肌
  3. ≫乾燥肌を改善させるにはメイク前の「スペシャルパック」が大切

乾燥肌を改善させるにはメイク前の「スペシャルパック」が大切

乾燥肌を改善させる為には、化粧を施す以前での「ローションパック」や、「フェイスマスク」などが最も有効的です。

美容化粧水を「コットン」へと染み込ませて行き、後はお顔に直接張り付けておくだけの簡単パックです。

一般的な「シートマスク」や「シートパック」でも、問題なく代用する事が出来ます。

メイクを行う前でのスペシャルパックの注意点

乾燥肌を改善させるのに適しているのが、「スペシャルパック」です。使用法をしっかりと読んだ事はありますか?

パックを実施する時間は、10分前後と説明されているはずです。どんなに長いタイプでも、15分以内でのパック時間が大半かと思われます。

このパック時間とは適当に記載されている訳でなく、正当な理由がある為、指示に従いきちんと守って下さい。

長い時間でのパックは、角質層に存在する「天然保湿因子」や「細胞間脂質」を、外部へと流れ出してしまいます。

その結果肌の水分が蒸発した以降へと、乾燥を著しく進行する場合があります。

化粧をやる以前へと、スペシャルパックをばっちり施したのに、実際では皮膚の潤い成分が全て流出していて、後から乾燥が起こる事がないように、呉々も用心しておいて下さい。

化粧液が付着したパックは勿体ない気がしますが、外して行きましょう。余った美容化粧液を「首」・「腕」・「足」などに、キレイに塗り込んで行って下さい。

この後へと、「ボディークリーム」をたっぷり塗れば、乾燥肌対策は万全です。手や頸部などは、肌年齢が比較的現れやすいです。

スキンケアを一緒に実行すれば「一石二鳥」です。

顔のメイクを幾ら美しく仕上げていても、手先や首部分のお肌が衰えている事で、実年齢よりも上に見られてしまう恐れが高まります。

化粧をやる前のお手入れは、フェイスのみでなく、指先や頸部なども細かくやって行きましょう。

メイクを想像通りに完成させる為にも、間違っていない正しいスキンケアを施し、乾燥肌の改善を目指して行って下さい。

まとめ

肌のお手入れが済んだ以後へと、乾燥がもしも気になるのならば、化粧下地剤を塗布する以前に、目元などの乾きやすいエリアへと、「美容オイル」を沢山塗り付けて行きましょう。

しかし左右の目の下に合わせて、オイル1滴でも多過ぎるほどです。美容オイルは本の少しの量で構いません。

量を誤ってしまう事で、メイクの仕上がりがおかしくなるので、その点も充分に意識しておいて下さい。

シェアをお願いします。